91%日記

がんばる夢見る

ミズイロ music nightに行ってきました('17/8/23)

ミズイロ music nightに行ってきました

まずミズイロとは大学の先輩のアオさんとシロさんがやってるユニットです

ミズイロHPはこちら

mizuiromusic.jp

 

このお二人の企画ライブがミズイロ music nightです

ちなみに私は行けなかったんですが、春にも一回やっていて、これが2回目、夏の陣だそうで

きっと秋の陣も冬の陣もやると思うので行きたいという気持ち

 

経緯

8/23は朝からバイトして、部屋でだらだらしてたらミズイロのシロさんが宣伝してるツイートを見かけたので、暇だし行くか!と思って行きました

 

本当はね!母校が甲子園の決勝まで残ると思ってたからね!!なんか脱力して布団でごろごろしてたんだけどね!!!

過去の悲しみにとらわれてはいけないなと思ったし、つくばの人に会いたいなと思ったのでおでかけしよう!と思って、自転車で片道10分、bar frogまでちゃりちゃり行きました

 

アオさんにもシロさんにもお世話になっているので、就職のご報告とかもしたいなーというのもあり

わたしが入学する前に引退したこっそり好きな先輩も出るというのもあり

 

ちなみに数か月前(?)(正確な時期は不明)、RO JACKという、優勝したらCDJ17/18に出れるっていうコンテストにミズイロが出てるのをみつけてこっそりTwitter投票もしました

 

ライブ

初めてみる方も初めてじゃない方も初めて聞く曲も初めてじゃない曲もありました(雑)

あと別のオープンマイクでお知り合いになっていた榎木さんも来られていて、ご挨拶して一緒に見ました。かわいい女の子と並んでお酒を飲みながらライブを見るという大最高イベントでしたねぐへへへへ

 

みなさんの音楽がとてもよかったので、わたしも音楽したいなあと思いました

嬉しいことに来年から音楽関係のお仕事に就けることになったので、一生懸命音楽しなきゃなとも思います

オリジナルを作ろうというのと、あと、カズ―欲しいなって思いました

 

f:id:yunemiru:20170824120655p:plain

 

ブルースハープもいいなって思うんですけど、ちょっとハードルも金額も低めだし

ぶっぶっぶーって音をだすの楽しそうだし

 

 

ミズイロのおふたりに就職云々の話をしたらすごく喜んでくださって、いっぱい奢ってもらっちゃいました えへっ

 

 

CD

 

買いました。5曲入り500円

いっぱい奢ってもらっちゃったし榎木さんと一緒に買いましたよ

 

RO JACKに応募してた「冷たいコーヒー」、ちょっと湿っぽい曲が好きなのでミズイロの曲の中では一番好きです

コードも好きです

 

終わりに

まとまりがない文章ですが、いっぱい奢ってもらっちゃったしミズイロ music nightのお話でした。

ちょっと前までは友達のイベントの話とか鳥頭でも思い出せるようにできるだけ書くようにしてたんですが、最近ご無沙汰だったので

 

秋の陣も楽しみです

実家ハラスメント

はじめに

盆なので実家に帰省しています

いま実家で生活しているのは、父、母、妹その2(高2)、弟(小6)の4人で、わたしが2日前から帰省し、兄と妹その1が明日から帰ってきます

 

2016年夏、ハラスメント

去年の帰省では、実兄(当時23歳浪人生)から度重なるハラスメントを受けた

主に恋愛関係について

代表的なものだと「お前には結婚なんてできない」「自分は人から好かれる人間ではないと自覚しろ」「誰もお前に興味なんてない」から人格否定に発展したえとせとら~~~~って感じ

なぜそんなに恋愛関係に特化したのかというと、おそらく兄のコンプレックスのせい

 

兄が当時浪人生であったのは大学の卒業に失敗し、別の大学に編入する準備をしていたからである

それまで兄が私に勝っていた点、思いつく限りでは

  1. 勉強(よくできたというより、先に学習していたため知識が多かったという面において)
  2. スポーツ(わたしは50mを10秒かけて走るが兄はサッカー少年だった)
  3. 恋愛面(中学時代からまあまあ彼女を作っていた)

 の3点があげられる

このうち、

  1. 勉強:兄は大学を卒業できなかったという業があり、編入を希望していたどの大学も弊大学より偏差値的に勝てず
  2. スポーツ:そもそも留年した原因がけがによる長期入院であり、現在は激しい運動ができない
  3. 恋愛面:兄には遠距離恋愛中の彼女がおり、わたしは喪女である

と、上の2点において兄は私に勝ることができず、微妙にコンプレックスを抱いているように妹のわたしからは見える

しかし、3点目においてはまだ兄はわたしからの勝利を確信している

 

そこで3.恋愛面について、わたしの集中砲火が始まったのである

ちなみに妹二人のうち、妹その1には当時交際している同級生がおり、妹その2は高校進学とともに別れた彼氏がいた実績がある

つまり、兄が3点目において攻撃できたのも兄弟でわたしだけであった

 

昨年、地元でのインターン参加のため18日間の実家暮らしをした

その間、兄は少しでもわたしと意見が衝突するしない関係なくまったく関係ない話題であってもわんわんと恋愛面におけるハラスメント発言をし、人格を否定するようなことも言った

 

もちろんその場に両親やしたの兄弟がいるんだけど、ぶっちゃけ兄は怒りの沸点がたいへん低く、実家では腫物扱いを受けていたので誰も兄を止められなかったし、わたしも耐えなければいけない空気を感じていた

 

 

 

実家はたいへん狭く(というか人間が多くて)、18日間の帰省の間、わたしに与えられたパーソナルスペースは風呂とトイレの中だけだったのだが、ある日、兄が突然の激昂し、発した

「うるさい!自分の部屋に戻れ!俺の視界から消えろ!」

という言葉に対してわたしは答えた

「わたしには部屋もないし動けないよ」

実は当時、わたしが実家に住んでいた時に居室として使っていた部屋を兄が独占している状況だった

兄は自分の存在によってわたしがパーソナルスペースを持てていないことを知ったうえで何も考えず発言したわけである

「もういい!俺が部屋に戻る!」

兄はいろいろな感情で部屋に戻り、ふすまを大きい音を立てて閉めたんだと思う

 

 

 

わたしもその日はとてもしんどくなってしまった

激昂前に話していた内容がわたしの音楽活動について、大学のライブで弾き語りに良い曲がないかなあと母に相談していたのに割り込んできた際に、お前の歌なんか誰も聞きに来ないからそんなことやめろとか、そんな金があれば実家に送れとか(お前はパラサイト無職だろとツッコみたかった)、そういう内容のことを言われた

恋愛面に関しては私も自分の顔面偏差値だって体型だって中身だって他人にひどく劣っていることは自覚しているのでまあまあ我慢できた

しかし、音楽だけは頑張っていたし、わたしにとっては一番の特別だったので本当に耐えられなかった

 

兄が部屋に戻ったあと、インターンの日誌を書くのに集中したいからと言って実家を出て、自転車で数分のところにあるファストフード店に行った

多分2,3時間その店にいたと思う

実家に帰りたくない、一人暮らしの部屋に戻りたいと思うと閉店まで体が動かなかった

 

兄とのやり取りを見ていた母からメールが来ていたが、兄を許せるとか許せないとかではなく、明日からもこの状況が続くと思うと我慢できなかった

 

次の日はわりと派手に遅刻したしひどい顔で一日を過ごした

 

 

2017年、夏

明日の午後から3日間、また兄と同じ家で過ごさなければいけない

正直なところ、耐えられない

 

去年兄も実家の居心地が悪く、わたしにあたって憂さ晴らしをしていただけだとは思うが、ハラスメントの数々を忘れることもなかったことにはできない

 

ただ、1点において変わった点としては、わたしは兄が成し得なかった「4年次卒業」と「就職活動を終えて来年から社会人」という2つの強いカードを持ったことである

 

きっと兄はわたしにまた様々なハラスメントをすると予想される

だからといって、わたしはこのカードを使って兄を虐めてはいけない

 

 

 

わたしは兄より立派な人間になりたい

 

 

【追記】

散々兄の悪口を書いておいて、誤解を与えてはいけないと思うのですが

わたしは兄のこの性質(と呼ぶのか?)を「両親の教育の失敗」としてはとらえてはいません

兄とわたしは2歳差で5人兄弟の長子組として何かと我慢であったり、抑制体験をすることはままありました。もちろん兄は長男としてそれなりの苦労を積んで24年間生きてきたんだと思います。

わたしも大学に入り、親元を離れるまでは考えも何もかもおこちゃまでしたので、もし妹がわたしより勉強できてスポーツできて(背も高いし)、わたしに彼氏がいて妹にいなかったら、確実に兄と同じことを妹にしていたと思います

でも一人暮らしやアルバイトや就職活動で社会にある理不尽なことを少しずつ経験していくにあたり、兄弟の成長や個々の素質が現れることを喜べる良い姉に近づいている実感があります

もちろんまだまだ出来損ないの人間ではありますが、それでも兄の癇癪がちな態度やそれによって導かれる言葉に対し、どうしても「1.7m級幼児(語彙進化版)」という印象を持ってしまっていました

わたしができた成長が兄にはできていないんじゃないかな、と少し不憫に見えることもあります

 

それでも、去年の夏のハラスメント嵐までは兄は私にとってかっこよくて自慢の兄だったのに、なんでこんなに子供みたいなんだろう、と理解が追い付かず、ただただ大好きだった兄に強い言葉の暴力を受けたことで、兄を尊敬する気持ちは消え、ただただハラスメントに対しての恐怖と兄への嫌悪が生まれてしまったのだと自分なりに分析しています

 

わたしが兄へここまでの嫌悪を持ってしまったのは決して親のせいではなく、同じ教育を受けたはずの兄がここまで人を傷つけることができるようになってしまったのは彼が大人になる機会をまだ与えられていないだけ、ということを追記したかったのですが、すごく長くなってしまいました

 

わたしは立派でもよくできた人間でもないですが、妹と弟をちゃんと一人の人間として大事にしているつもりです。自分が兄に大事にされていない分、3人に甘えられるお姉ちゃんを見せられる大人になりたいです。

いまは兄への悪い思い出が最新の思い出ですが、いつか上書き保存がされると信じていますし、そうしたらわたしも第二子として兄に甘えたいと思っています。

 

兄はちょっと子供すぎるだけ、両親はいつでも兄弟に対しては公平です

勉強をよく頑張ればごほうび、部活をよく頑張れば褒める、お手伝いをしたら多大な感謝をくれる両親の教育が間違っているとは思っていません

enough NOW ON SALE~いなふくんをおすすめする5点~

enoughくんとの関係性

わたし(@9permmn)とenoughくんの関係は

 

学類の友人

 

です

終わり

応援します

 

終わりではなく、実はいなふくんとは割りと仲良しです

夏休みなどはいなふくんとばかり飲んでいたし、一緒に食事に行くことも多いです。あといなふくんがよく着てるボルドーのセーターとかモスグリーンのコートとか選ぶのも手伝ったしお揃いのスリッポンも持ってます。うわほんとに仲良しじゃん…なんだ…

 

そんななかよぴっぴのわたしがいなふくんのアピールポイントについて述べたいと思います。

 

①優しい

いなふくんは優しい男性です

代表的なエピソードとしては、昨年の夏に同じ学類の友人ともに北海道旅行をしたときの話。総勢6人でしたが、そこでわたしの類友、けむが体調を崩しました

たしか胃腸炎だったんですがなかなか動けないけむを気遣って「ホテルに早めにチェックインできるか確認しよう」「チェックインできるならもう行っちゃおう」「けむが気にしないように荷物が邪魔とか言って」と率先して言い出したのはいなふくんです。

それに女性と飲んでたりとかカラオケ行ってたりとかして帰宅時間が遅くなったら必ず家の近くまで送っているようですし、普段の生活においても体調などへの気遣いがとっても紳士的です。

 

②イベント好き

いなふくんはイベント好きな男性です

例えばハロウィン、クリスマス、各自の誕生日などには大仰なほどの騒ぎっぷり。今年は11月末にはサンタ帽で授業を受けるなど、少しやりすぎなところもありますが、きっといなふくんは彼女の誕生日とか、ふたりの記念日とか、すっごい大事にすると思うし彼女になる人は幸せだと思います。

 

③年中行事を大事にする

②イベント好きとかぶるところもありますが、、、

例えば「桜が咲いたら花見したい」「夏だし海に行きたい」、「秋だし紅葉狩りしたい」、「冬は温泉とスキー」など、季節や年中行事に対する思い入れが深く、砕けた言い方ですがおじちゃんとかおばちゃんにモテる思考をしています。

ところで温泉とスキーに行きたいですね…

きっといなふくんは娘が出来たら2月中旬にいそいそとひな人形を飾り、息子が出来たら端午の節句には柏餅を買って兜をかぶるんだろうと思います。運動会には必ず参加し、おそらく卒業式では号泣するタイプの父親になるでしょう。とても高ポイントですね

 

④素直である

いなふくんはとっても素直な男性です

忘れもしない2年前…

「冬服の買い方がわからないので一緒に買い物に行ってほしい(注 いなふは沖縄出身)そしてモテそうな服を選んでほしい」

と、私を含む3名の女性に頼んだんですね

なんと素直な言い分でしょうか

いなふくんには変にかっこつけようとか、男らしく見られたい、というところがないんですね。等身大の自分で勝負しています。わたしの考えでは、こういうところが原因で大学入学からいままで彼女がいないんだとおもいます。

しかしいなふくんもすでに21歳男性。そろそろかっこよくみせたい!という男性より素直でありのままの男性の魅力に周りが気づくことでしょう

 

⑤陽気である

いなふくんは陽気な男性です

例えば研究でとてもつらい時期であったとしても、「これが終わったら飲むんだ~~」とか「これ出来たら飛騨牛だ~~」などと言って、周りまでつらい気持ちにするような男性ではありません。むしろ「へえ飛騨牛は楽しみだね!」という反応もできますし、こういうところでも周りへの気遣いあふれる人でもあります。

 

 

以上、いかがでしょうか

わたしとしてはいなふくんはとっても優良物件ですし、将来的にいなふくんのお嫁さんになる人は幸せだと思います。私はいなふのお嫁さんになりたくないですが…

 

もしほかに書く人がいなければ6点目以降も書きたいと思います。友情に篤い人間なので

 

 

いなふくんとお近づきになりたい女性がおられましたら@9permmnまでご連絡ください。飲み会をセッティングさせていただきます。

 

ご清聴ありがとうございました。@9permmnでした

引退しました

忘れそうなのでセットリスト載せます

 

だんご三姉妹(GO!GO!7188)

1.片思いファイター

2.サンダーガール

3.浮舟

4.こいのうた

 

むくり(迫真)(ねごと)(見にくい)

1.ループ

2.メルシールー

3.たしかなうた

 

まめ子なので全部Youtubeのリンク張ってます…えらい…

 

よければ本家の聞いてみてください。

みんなのFacebookみたいにえもいことかけたらいいんだけど、いろいろ書くと墓穴掘ってしまいそうなので書きません

 

今度べぼべのライブ(ツアーファイナル)とGLIM SPANKYとストレイテナーのツーマン(誕生日翌日)に行きます。ひゅ~~~~~~

 

 

高校時代

帰省

実家に帰っています

もう一週間くらい

 

居心地がよくないということ以外は快適(何も快適じゃない)

 

あと10日くらいいる(嬉しいことはない)

 

高校時代

高校、あまり好きではなかった

いや高校だけじゃなくて、かれこれ十数年学校嫌い病を患っているので小学校も中学校も嫌いでとくに中学校は私立だったのでやめるとかやめれないとかそんなこともあった

 

大学が一番好きなのは頑張ってクラスの人と仲良くしなくてもいいし、趣味が同じ人がいるし、たぶん少しお金を持てるようになって自分のための消費ができるようになったこととか、いろいろあると思う

 

 

もともと志望してた高校に落ちて行くことになった高校なんだけど、親に決められた受験だったので入学前から嫌いでしかたなかった

 

すごくレベルの高い高校に行くかわたしが通っていた高校に行くかの二つに一つで、まあ現状人生で一番大きな失敗になった高校受験があって、このへんで家族ともあまり良くない関係になりつつあったこともあって、学校も家も嫌いで学校行くまでにある公園とかでよく時間つぶしてた

 

 

昔から、あのトイレ連れ立っていく文化とか、グループ作るかんじとか、にこいちとか、ああいうの意味わからんって思ってやってなかった

まあ友達が少なかったのもこういうのが悪いんだとはわかってるけど、周りの女の子たちの自立してなさに感化されて自分が幼児退行しそうだな~って思うと近寄れなかった 

 

高校、給食があったんだけど、やっぱりみんな机くっつけて食べたがるじゃん

わたしもたぶん2年生のはじめくらいまでは付き合ってたのね

高校1年生のときの教育実習生に「いつもかったるそうに学校来てたね」って言われるくらいだから、机くっつけたがる子たちに嫌だとか言う気力もなかったからね

 

でも高校2年のときに漢検2級を受けたとき、前回一回落ちて超悔しかったからめっちゃ勉強してた、頭が悪いのがばれて恥ずかしいんだけど、どうしても受かりたかったからほんとにめっちゃ勉強してたとき、お昼ご飯食べながらもずーーーっと漢字見てて、人とごはん食べるの邪魔になった

 

だから「1人で食べるね」って言ったっていう軽い気持ちだったんだけど、それからどんどん女の子たちの中で浮いてしまったからもしかしたら間違いだったかもしれない

 

ちょうど実家とうまくいかない時期でもあったのでぴりぴりしちゃって、どんどんぷかぷか浮いちゃって、はじめはドラえもんみたいに3ミリくらいだったと思うんだけど、いつの間にか東京と八丈島くらい離れてた(と思う)(八丈島ってどこ)

 

結局その年の遠足行かなかった

うちの親は熱がないと学校を休ませない発熱信仰のある人だからずる休みとかできなかったけど、母がちょうどパート始めてたし、授業は休んじゃいけないけど遠足ならいいみたいな謎の許容があって自分で先生に電話かけて休みますって言った

 

ほんとは修学旅行も行かないつもりで、でも一回お金払ってるから先生に、今からキャンセルしたら返金ありますかって聞きに行った

そしたら特別活動の単位とれなくなるって言われて修学旅行は行ったけど、ほんとにしんどくて、しばらくももクロ聞けなかった

 

 

 

みたいな、こと

 

ほんとは高校同期のマウンティングを防衛したって話したかったんだけど、なんか高校時代のこと思い出したらしんどくなって、もういいやって気持ち

 

 

帰省のこともおいおい書きます

 

 

ダイエットをしています

 

生まれ変わったら男になりたいんだけど、自分の財布を彼女に持たせる男にはなりたくないと思うよね

 

これから数十年生きていくわけだけど、男の財布持つ女にはなりたくないね

 

レジ打ちをしているとき、お会計をする男が「おい」とか言って女に鞄から財布ださせるの、ずっとヒモだと思ってて、いやあ悪い男だなあなんだよって気持ち悪く思ってた

でもよくよく見ればそういうとき出てくる財布はだいたい男物の財布で、持たせてるのかあって思うと気持ち悪さ半減したけどやっぱ気持ち悪かった

 

ていうか女そんなに大きい鞄を持つな

 

 

ダイエットをしています

 

ダイエットをしています

ダイエットをしています

 

 

ダイエットをしています!!!!!!!

 

各位の助言を受けて、ダイエットのプロセスは以下の通り

 

①総摂取カロリーを減らす

②小麦製品は食べない

③夜9時以降は食事を摂らない

 

です

少ないです

こう見るとあんまり頑張ってないなわたし

 

具体的には、朝と昼はお米を食べますが、夜は食べてません

食事の内容は鶏むね肉、玉ねぎ、トマト(缶)、葉物の野菜、こんにゃく、春雨、たまご、納豆、キノコ類を適当に組み合わせて食べています。

 

気合が入った日には

 

朝:ごはん0.5合+こんにゃくステーキ+キャベツの千切り+レタス

昼:キャベツの千切り+レタス+鶏むね肉のケチャップ炒め

夜:朝と昼の残り

 

みたいな生活をします。

気合が入ってない日は

 

朝:鶏の照り焼きマヨ丼(ごはん0.5合+鶏むね肉+レタス+マヨネーーーーズ)

昼:朝と同じ弁当

夜:鶏むね肉のトマト煮(後述)

 

みたいな生活です

やっぱりわたしあんまり頑張ってないな

学校がお休みの日はお米食べないことにしてるけど、飲酒するのでよくない

 

 

おすすめの鶏むね肉のトマト煮は以下の手順で錬成可能です

 

①鶏むね肉を任意の大きさに切って蒸して油を落として

②玉ねぎを色が変わって甘くなるまで炒めて(別に火が通れば良いけどトマト缶の酸味がましになる)

③あと適当にキノコとか入れて

④お肉と合わせてケチャップとコンソメ入れて

⑤そこにトマト缶をばさーーーーーーーーーと入れる

⑥塩コショウで味整える

⑦おいしいトマト煮ができる

⑧食べる おいしい

 

トマトはダイエットにいい食材らしくて、ダイエットスープとか大体トマトだっばだっば入れてますよね

トマト煮食べた後だいたい体がカッカしてきて、「ううおおぉぉぉ燃えてる!!燃えてるぞ!!!!」みたいな無敵な気分になるのでさらにおすすめ

 

ちなみに玉ねぎが甘くなるまで炒めるの、意外と時間がかかるので一回レンジでラップせずに5分くらいチンしてから炒めると楽です

 

半分くらいになったら水1カップくらい足して、煮て、残り物の野菜とかレンジで火を通して入れて、カレールー2かけくらい入れたら最高

もう最高

まじ最高なトマトカレーできる

 

ちなみにこのカレーも伸ばしてスープにしたら米なくても食べれる

 

 

朝ごはんだけは好きに好きなものを食べれるので、前日からお肉に味をつけて焼いてどんぶりにしたり、前述のトマトカレーをグラタン皿に米と盛り付けて、チーズとかのせて焼きカレーにしたりしている

そしたらだんだん朝ごはんが人生の幸せの形みたいになってきて楽しいです

 

でも週に1、2回くらいは外で人と食べたりしてます

あと学校忙しかったり、買い物ができなかったりして食堂で食べたりもたまにしてます

こういう日は夜まるまる抜いたり、こんにゃくすすったり、春雨すすったりするようにしてます

 

 

目標はあと3か月で入学時の体重に戻すこと、大体いまの体重からは4kg減くらいです

 

 

あんまり頑張ってなくても達成できそう…

 

いま食事でしか痩せていないので、筋肉を少しつけて代謝が良くなりたい

運動して運動好き人間になりたい

そして炭水化物と甘いものと揚げ物が嫌いな人間になりたい…そしたら一生リバウンドしない…

 

 

 

甘いものも控えてるんですが、暴力的に食べたくなることも多いです

依存かしら

糖分を控えると、生理痛も軽くなるとかいう噂を聞いて、どちらかというとそっちが狙いで甘いもの控えてる

 

あとたぶん食べ物で無理に痩せてるところが多いので肌の調子が良くないですね。覚悟してましたが、課金したらきれいになるでしょうか

 

以上です

痩せます

 

 

ゆかいな暮らしぶり

コトハpresents~ゆかいな暮らしぶり~

に行ってきました

 

バイト

出演も少し頼まれたり頼まれなかったりしていたんだけど、この日はバイトでした。

ヒドロキシプロピルセルロ―スっていう薬物と水を合わせて液晶を作るっていう子供向けの実験のTAをしていました。まったく役に立たなかった。笑顔担当

 

でも楽しかった。こどもはみんなかわいい。

 

ライブ

やっとライブハウスにすたすた行けるようになりました(4回目)

バイトのせいで少し遅れたけど2組目につけた。てへぺろりーぬは見れませんでした

 

みんなよかったけど、お笑いのライブがおもしろかったと、コトハの同期バンドが最高にかっこよかった

わたしも大きい音が好きなんだって思い出した

 

やっぱりわたしも頑張らなきゃなあって思った。いつも通り。

新歓期に追われてバンドをして、追われて弾き語りをしてもクオリティが低くて、そういうライブを積み重ねてるのって意味がないんじゃないかと思ったりもする

ただそういうライブを選択したのはわたしなので、悪いのはわたし。

クオリティが低いのもわたしがわるいです

 

コトハがオカジさんに、おまえは音楽やれよって言われてるの聞いて、わたしもこういう生き方あったのかなあって考えた。わたしにはないのかもな。わたしとコトハはだいたいバンドでリードのギターを弾いたり弾き語りもしたりする、コトハにはピアノがあってわたしにはお箏がある、そういうところが似ていると思ってるんだけど、当たり前の違いもある。

 

そんなことを考えた。

これからどんなに才能がないことが分かっても、まわりの音楽をする人たちから馬鹿にされても、自分に絶望しても音楽はやめれないと思う

だれも聞いてなくても続けると思う。もうやめれない

 

帰り

帰り、うっかり乗り換えできなくて、終電乗り換え1分バトルしました

大変だった。帰れてよかった。

近くの漫喫調べたり、車もちの友だちに片っ端からLINEしたりしたけど終電乗れてうれしかった。自分の可能性を感じました。

 

ゆかいな暮らしぶり

 

もしまた企画するならどうしても呼んでほしいってお願いした

コトハとライブがしたい、外でライブがしたい

その時までに、やっぱり自分の曲を持ちたいと思った。ないからほしい

 

 

頑張る、いろいろ